FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井上のプロフィール【フリーター・専門学生時代】



めでたくフリーターになった私ですが、親の目もあるので、大学を辞めた理由として「専門学校に通いたい」と周りには説明していました。


もちろん表向きの理由だったので、ゲーセンで遊んでアニメ見ての日々www



それっぽくバイトはしてたので、多少のお金を貯めて、専門学生になりました。
当時は映像関係に興味があったので、そっち方面の学校へ。



金銭面が割とノープランでしたが、奨学金借りれば余裕っしょ!
当時の私はこんな感じでした。
(ちなみに奨学金は入学後に審査が通らないと借りれない)




そしてまためでたく学生に戻った訳ですが、ここでの2年間はあっという間に過ぎていきました。


毎日勉強して、新しい友達も出来て都内通いなので遊び場にも困らず、年上の同級生から沢山の刺激を受けて、本当に成長したと思います。


ですが、私はこの時、初めて大きな壁にぶち当たります。


毎日睡眠時間を削り、日々映像制作に取り組むも、上手くいかない。



思ってる様な作品が作れない。

迫る提出期限。

並行しての就職活動もなかなか上手くいかず、体が限界を迎えます。



こんなに頑張ってるのに・・・
なんで上手くいかないんだ・・・



少しづつ、少しづつ、磨り減っていく毎日。



そして、私は壊れました。




小さい挫折はいくらでも経験しましたが、ここまで大きい壁にぶち当たるのは初めてだったのです。



どうすればいいかもわからず、1人で抱え込み、そして壊れたのです。



現実から逃げる為に、学校にはろくに行かず、遊ぶ事と過食に走りました。



借りている奨学金はみるみる減り、お金もない。



体重は増えに増え、100キロ目前。



それでもやらなきゃ!と思って制作に意識を向けると、酷い頭痛で手がつかない。



やらなきゃいけない。

そんな事わかってる。

やらなきゃ・・・

でも頭が痛い・・・

なんでこんなに痛いんだろう・・・





気づけば私の心はカラッポになっていました。
周囲の人がそれに気付き、進められるがままに病院へ。



そこでお医者さんに、

「ストレス性の偏頭痛」

と診断されました。



当時の私は、へーそうなんだー
位にしか思わず、処方された薬を飲めば頭痛もしないし、まーいいか。
程度にしか思ってませんでした。




今思えば、完全にうつ病ですね^^;
まさか自分があんな事になるとは・・・




ですが、時間の流れは止まることなく、先生に頭を下げ、お願いしてなんとか卒業をする事ができました。

当時の先生方にはホントに感謝です。




しかし、心に開いた大きい穴が塞がることはなく、自分がカラッポになった実感がありました。



就職も出来なかった。

学生はもう終わり。

これからどうすっかなー




そんな事をぼんやり考えつつ、また私はフリーターに戻ることになります。



そして、新たな絶望へと堕ちていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。