記事一覧

ここがやばいよ運送業 その2



 こんばんわ、井上です。

なんと、驚く事にお盆休みを頂けたので、夜遅くの更新です。


前回に続き、運送業のやばさをお伝えしていきます。




あなたの職場に、新人が入ってきました。

あなたは教育担当です。

あなたはどうしますか?




普通の会社なら、


研修があり、簡単な仕事から教え、ミスを指摘し、仕事ができる環境を整え、立派な人材にする。


それが仕事が出来る人間を育てるという事だと、私は思っています。


細かい事はさておき、

人を育てるという事は並大抵の事ではありません。

中間管理職を経験された事がある方なら、思い当たる事もあるかと思います。



ちなみに、完全未経験で運送業に従事する事になった私はと言いますと・・・



・勤務初日

挨拶を済ませ、やる気をアピールするも、何をさせるかを会社側がまともに計画しておらず、40分程待機

ようやっと、仕事をするにあたり、トラックに同乗し、ものすごく適当な説明を受け、荷物の配送へ

移動中に風俗の話で盛り上がる(笑)

荷物の積み込みなんかを教えてもらう。てか、デカい物から入れるだけやん!

1時位になって、よくわからないけど、2時間後にまた来てねと言われる

夕方の荷物の時間だ!忙しいぞ!


って勝手に思ってたら、「じゃあ今日は上がってください」
っと言われ、目が点になる。


私が察するにですね、

人に何かを教えるだけの人的、また時間的な余裕が感じられませんでした。


確かに、宅配の運送は、難しい事はしません。

決められたところに、荷物を運ぶだけです。


にしたって、雑すぎるだろwww


それだけ現場では余裕がないんだと思います。

人的にも、時間的にも。


配送は時間との勝負です。


そんな中で、ぴょこんと現れた新人に時間をさけるほどの余裕がないんだと、


私は、思ってしまいました・・・



配送業は、ネット通販の普及で、恐ろしく仕事量が増えてます。

現場で体験しましたが、ホントに恐ろしいです。


夜にはスッカラカンになった営業所は、次の日の朝にはダンボールで床が見えない程にパンパンになるほどです。

そんな現場に飛び込んでしまった訳ですが・・・


現場の人からは、愚痴はあれど、それ以上の物はありません。


業務改善すればいいのに。。。って私は思いますが、現場ではそうもいかないのでしょう。


それだけ現場ってのは酷で、雑で、苦しい物なんだと、ひしひしと痛感します。


日を追うごとに体重が減っていますが、久々の連休なので、少しのんびりしようと思います。


お読みいただきありがとうございます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント